お花と日々の楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS 人生の終いかた

<<   作成日時 : 2016/06/02 15:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 20

先日、また悲しいことがありました。

ご近所の私の押し花の先生の旦那様がなくなられました。69歳の若さでした。


お仕事を定年になってからもしばらくしてからアルバイトとして復帰されお休みにはゴルフに

行かれたり、散歩をしたり元気だったのですが・・・


突然のことで言葉もありません。


市民検診で胸に影があるとわかり、それからMRI,ペット検査と検査をつづけたのですが、

結果は手術もできないほど進んでいて先生とご本人ご家族との話合いで抗がん剤も放射線もなし

とご本人のたっての希望だったそうです。

4月に入院して5月の末に亡くなられたのです。

入院中は「誰にも合いたくない。知らせるな」とたっていうので本人のいう通りしたそうです。


それでも2回ほど外泊されかえってこられたそうで、酸素マスクをつけてこられ

色々のことを奥様に指示されたようです。


お話聞いて胸がつまりました。

ご近所なのに全く誰も知らなかったのです。

痩せた自分の姿を見られたくなかったのだそうです。

肺がんと診断され命の期限を切られたとき私だったらどうしただろう。

そんなに冷静にいられるだろうか・・・・


あとに残された奥様と2人の息子さんの気持ちを考えるとなんともいえません。

奥様は今は押し花はおやすみしていますが、お姑さんも数年前に自宅介護で見送られ

られました。

お仕事はアルバイトも定年。それでもボランティア活動をされていました。

ラジオ体操もお世話してくださっています。


最後は2人の息子さんとみおくられたそうです。

色々これから大変でしょうが、身体に気をつけてすこしずつゆっくりと元の生活にもどって

いってもらえたらと思ってます。


心からお悔やみ申し上げます。


画像



画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
>69歳の若さでした。
まだ。。。まだ。。。
お若いのに。。。
>4月に入院して5月の末に亡くなられたのです
こんなに、早いのですか
気が付くのが遅かったのかな。。。
>すこしずつゆっくりと元の生活に
時が、一番の薬かも知れないですね
もうヘトヘト
2016/06/03 00:28
おはようございます。
辛いお話を伺いました。
残された方のご心中を思うと言葉が出ません。
ご冥福をお祈りいたします。

うふふ
2016/06/03 06:28
悲しいですね。
残された奥様やご子息の気持ちを思うと胸が痛みます。
これからも同じように接してあげてください。

ラジオ
2016/06/03 14:46
ヘトさん

ありがとうございます。
ほんとに早いですね。
背も高くがっしりした方だったんでびっくりしました。
子供のころから知っていたのでなんともいえないです。
時が過ぎるのを待つばかりなのでしょうか・・・
kyabetu
2016/06/03 14:55
うふふさん

ありがとうございます。
なにがなんだかわからないうちに逝ってしまわれてあとの色々な手続きに
忙しくされているようです。
息子さんたちは独身なので残されたご家族はほんとに寂しいことと思います。
身体に気を付けてほしいとおもっています。
kyabetu
2016/06/03 15:02
ラジオさん

ありがとうございます。
突然のことで本当に驚きました。
少しづつまた、色々なことをはじめて頂きたいとおもいます。
kyabetu
2016/06/03 15:06
悲しい話ですね。
先生の心中を思うと悲しいですね。
まだお若くてまだ遣りたい事が有ったでしょうにねえ。
ご冥福をお祈りします。
アキラ
2016/06/03 16:03
アキラさん

ありがとうございます。
ほんとにかなしいですねえ。
あまりにもいさぎよいというか残された家族としては心残りだったと
思います。
身体に気を付けて頂きたいと思います。
kyabetu
2016/06/04 15:23
こんばんは。
何歳だから良いというわけではありませんが60代でのお別れは少し早すぎますね。奥様や周りの親しい方たちの悲しみはいかばかりでしょう。何よりご本人が悔しい思いをされたことでしょう。それにしても気丈でしっかりとされた方だったのですね。私も昨年の暮れに親しい友人のご主人様がそれこそ突然亡くなられて暫く呆然とされていましたが今では徐々に元気になりつつあります。
息子さんがご一緒だということですから支えてくれる人がいて少し安心ですね。
のろばあさん
2016/06/05 21:22
のろさん

ありがとうございます。
突然の別れはいつも悲しいですよね。
本当に近くなのになにも知らなくて・・・
ご本人が痩せた姿をだれにも見られたくないと強い思いだったと
いいます。
それにしてもあまりに早いです。
これからもっと楽しまれても良かったですねえ。
息子さん2人とも独身なのでお孫さんも抱くことなく逝かれました。
kyabetu
2016/06/06 14:45
自分も、そういった人生の終いかたを考えないといけない歳なんでしょうが・・・
なかなか実感がわかないのが実情です
その方の、他人には知らせないでという気持ちも判る気がします
他人の励ましや慰めが返って重荷になるような気がします
静かに家族とのだんらんの中で終られた・・・ご冥福をお祈り致します
T&M
2016/06/08 11:04
こんばんは。
ご近所の方、69歳でお亡くなりになられたのですね。
いかにも早すぎますね。
進行癌でしたのね。
ご本人の心情、痛いほど分かります。もし自分に置き換えたら私も同じ想いになります。
出来ることなら健康で…やがて天寿を全うしたい!というのが人の常でしょうけど。。
ハーモニー
2016/06/08 19:51
69歳とはまた早いです、そして急な事でしたね。
お悔やみ申し上げます。
人生の終い方色々ありますが立派ですね。
先日TVで歌丸さんが同じタイトルで放映されてました。
ビデオ録ってたので二度見、保存してるのでまた見るつもりです。
さくらんぼ
2016/06/09 02:00
こんにちは〜。

悲しいお話ですね、人生一寸先は闇といいますがまさにその通りですね。
本人様の心情私もよく理解できます、ご冥福をお祈りいたします。

長くご無沙汰いたしておりましてすみませんでした、PCがやっと回復しましたのでこれからもよろしくお願いいたします。
しもじいさん
2016/06/11 14:41
T&Mさん

ありがとうございます
お返事大変おそくなりました。

自分がその立場だったらどうしただろうかと考えてしまいます。
痩せた自分の姿を見せたくないといわれご家族もそれを守ったのですが、
きっと心は毎日はりさけそうだったことと思います。
時が過ぎるのを待つだけでしょうか。

いつも私も身の回りをかたづけなくてはと思うのですが、なかなかそれが
できません。
kyabetu
2016/06/17 15:33
ハーモニ−さん

ありがとうございます。
本当に悲しいです。
子供の時からの知り合いです。
奥さんは押し花の先生です。
お気の毒でなんともいえません。
あんまり急だったので・・・
入院していたのもしらなかったのです。
最後おまいりした時は本当におだやかなお顔でした。

どうか体調をくずされませんようになさってほしいと思います。
すこしづつ色々なことを始めて頂きたいと思います。
kyabetu
2016/06/17 15:44
さくらんぼさん

ありがとうございます
歌丸さんが、そうでしたか・・・
あんまり急だったものでただただ驚きました。
はたして自分だったらどうだろうかと考えています。
身の回りの片づけもできていません。
考えさせられました。
kyabetu
2016/06/17 15:52
しもじいさん

ありがとうございます。
本当に急なことで驚きました。
ご家族はただただ時が過ぎるのをまつばかりですね。

こちらこそよろしくお願いいたします。
kyabetu
2016/06/17 15:55
お久しぶりです。やっとおじゃまできたと思ったら 思わぬ内容でビックリしました。
21日、友達とランチをしたのですが 「友達の○○さんが」「親戚の○○さんが」「妹の旦那が」と訃報の話しだったり、病気の話だったり 私自身も留め袖を着る機会より、喪服を着ることの方が多くなっています。私も心の準備、身辺整理をしておいた方がいいのかしらね。そんな時自分だったらと考えることもありますが いざその時になったら どうだろうか 想像もできません。
69歳では、まだまだお若い。ご家族の方の気持ちを考えると・・・ ご冥福をお祈り申し上げます。
悔いのない、人生を送りたいですね。
ケセラセラ子
2016/06/23 16:08
ケセラセラ子さん

ありがとうございます。
こちらこそご無沙汰してすみません。

本当にいつなにがあるかわからないですね。
私も病気をしてから見の回りの片づけをしなくてはと思いながら何から
しようかとなにもてがつけられません。
最近主人がガタガタと片付けをし始めてなんか複雑な気持ちです。
もし急に家族がいなくなったら本当に一人では何もできないと思います。
今は好きなことをさせてもらっていますが、そろそろどこから片付けようか
考えています。
kyabetu
2016/06/30 15:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
人生の終いかた お花と日々の楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる